グッドマン法(1235法)をオンラインカジノで使って稼ぐ!

グッドマン法(1235法)は、オンラインカジノの攻略法の中でも手堅いディフェンシブな方法です。

 

勝利した時や連勝が続いている時の利益を手元に残しながら、無理をせずに攻めて勝ち額を増やしていきます。

 

グッドマン法は賭け金を1からスタートし、ゲームに勝ったら「1、2、3、5」の順番に増やして、負けた時点で「1」に戻す手法を繰り返すことから1235法とも呼ばれるようになりました。

 

マーチンゲール法と同じように、バカラやブラックジャックなど2分の1の確率で2倍の配当を得られるゲームで効果的ですね。

 

以下では最初の賭け金を1ドルと仮定し、勝ったり負けたりした時にどのようなベットをしていくのかまとめてみました。

 

<ゲームの回数 賭け金 勝敗 累計損益>
1回目 1ドル ○ 1ドル
2回目 2ドル ○ 3ドル
3回目 3ドル ○ 6ドル
4回目 5ドル ○ 11ドル
5回目 5ドル ○ 16ドル
6回目 5ドル × 11ドル
7回目 1ドル × 10ドル
8回目 1ドル ○ 11ドル
9回目 2ドル ○ 13ドル
10回目 3ドル × 10ドル

 

ゲームの勝負に勝った時は「1、2、3、5」の順番に賭け金を増やし、5ドルからは据え置きで続けるのがポイントです。

 

負けた時に1ドルに戻し、連勝が続いたらまた賭け金を増やして勝負していく仕組みで、グッドマン法(1235法)は単純明快で分かりやすいオンラインカジノの攻略法となっています。

 

他の攻略法と違い、グッドマン法(1235法)のメリットを幾つか挙げてみました。

 

・仮に連敗が続いても1ドルを賭け続ける方法なので大きな損失に繋がりにくい
・リスクを減らしながらも最初に連勝すれば利益が出やすい
・急激に賭け金が増えないので精神的な負担が少ない

 

マーチンゲール法は負けた時に倍々にしていきますので、賭け金が上がって「これで負けたらどうしよう・・・」と不安になることがあります。

 

一方でグッドマン法(1235法)は負ければ1ドルのままですし、勝ち続けても5ドルを据え置いてベットしていく形となるため、リスクを減らしながら勝ちの確率を高められるのです。

 

ただし、オンラインカジノの攻略法にメリットとデメリットがあるのはグッドマン法も一緒で、良くない部分を幾つか見ていきましょう。

 

・勝ち負けを交互に繰り返していると、いつまで経っても利益が出ない(連勝するのが勝ちの条件)
・負けのリスクを減らせる代わりに、一攫千金を狙うのは難しい
・損失が膨らむと取り返すのが難しくなる

 

損失が膨らんだ時に取り返すのが難しい攻略法は意外と大きな罠で、「今のままではらちがあかないと考える」⇒「グッドマン法を無視して急にベット金額を増やす」⇒「勝負に負けて更に損失が増える」といったケースは少なくありません。

 

つまり、グッドマン法はギャンブルで熱くなりやすい人には向かない手法だと覚えておきましょう。